資産づくり
としての
アパート経営

資産づくりとしてのアパート経営

先細りの年金、子供の教育資金、老後・介護資金など、
将来の問題はお金の問題といってもいい時代、
安定感のある資産づくりとしてアパート経営を選ぶ方が増えています。
もしかすると、あなたの部下や同僚は、もうアパートのオーナーかもしれません。
アパート経営は、今、それくらい身近なものになっているのです。

そもそも
アパート経営

とは?

アパート経営は、不動産投資のひとつです。
アパートを1棟もしくは複数棟所有するオーナーとなり、部屋を第三者に貸すことで家賃収入を得ることを目的とします。
不動産自体を担保にすることで、金融機関から購入資金を借り入れ、家賃収入からをローンを返済。その差額が毎月の利益になります。
ローン完済後は無担保の不動産を資産として残すことができます。

そもそもアパート経営とは?

アパート経営が
注目されている
理由

アパート経営には、他の投資とは違う特長があります。
そして、その特長こそが、近年資産づくりの手段として注目されている理由でもあるのです。
キーワードは、ローリスク&ロングリターンです。

  • 安定収入が見込める

    安定収入が見込める

    ・アパート経営は家賃収入を毎月定期的に得ることができる。

    ・入金日や金額があらかじめわかっているので、支出や貯蓄、運用などの計画が立てやすい。

  • 土地が手に入る

    土地が手に入る

    ・建物が老朽化によって使えなくなっても、土地を残すことができる。

    ・手に入れた土地は、売却や運用など、さらなる収入源として活用できる。

  • 家賃収入が
    老後の年金対策に

    家賃収入が老後の年金対策に

    ・支給額減少傾向にあり、受給年齢の引き上げもささやかれる近年、公的年金だけでは豊かなセカンドライフは難しくなりつつある。

    ・アパート経営は、定期的に安定した家賃収入を得ることができるので、引退後の私的年金として大きな力を発揮する。

    ・元本割れのリスクがある株式投資や投資信託と違い、アパート経営は固定資産があるため、投資資金がゼロになる心配がない。

  • 生命保険の
    代わりになる

    生命保険の代わりになる

    ・アパート購入のためのローンには、「団体信用生命保険」が組み込まれている。

    ・オーナーに万一のことがあった場合、ローンの残額は「団体信用生命保険」で完済され、ご家族には借金のないアパートと毎月の家賃収入を残すことができる。

    ・個人的に生命保険に加入しなくても、アパート経営そのものが生命保険の代わりになる。

アパート経営を
検討する際は

アパート経営は、不動産「投資」です。
比較的ローリスクですが、ノーリスクではありません。
リターンを得るための仕組みや条件、リスクをしっかり把握しておく必要があります。
ご家族の未来のためにも、以下のことを不動産会社にご確認することをおすすめします。

好立地の土地情報をどのように仕入れてますか?
良質な物件があっても市場に情報が流れる前に付き合いのある顧客や業者間で取引が行われるため良質な物件は基本的に市場に出る前に購入者が決まります。そのためインターネットなどで手に入る情報には良質な物件情報がほとんどございません。中には条件があまり良くない土地をお勧めされるケースもあります。そのため、どのようなルートで土地を仕入れているのか、どのような基準で物件の仕入れをしているのかを確認する必要があります。
シノケンでは
長年、現金一括購入により、自社で土地の購入を行ってまいりました。この実績により、市場に出る前の良質な土地情報をより早い段階で取得することが可能になり、価格交渉を含め市場に出てこない好条件の土地の仕入れを進めております。さらにその土地を一度自社で購入し調査や整備をシノケン負担で行った後に、お客様にご紹介しております。
どのような条件で土地を選定していますか?
アパート経営の成功の鍵は土地の立地条件。どのような基準で土地を選定し、紹介をしているのかを確認してください。明確な説明がないまま、悪条件の土地をおすすめされるケースもございます。
シノケンでは
福岡・大阪・名古屋・首都圏・仙台の賃貸ニーズのある主要エリアです。また、シノケンが提供する土地は、独自のネットワークで一般流通化する前の情報をいち早く入手し、将来的にも賃貸のニーズが見込める厳選した駅から徒歩10分以内の立地に限らせていただいております。
年収や勤続年数、住宅ローンの有無など融資の障害となる条件はありますか?
金融機関によって融資の条件がかわってきますので、紹介可能な融資の条件を確認してください。
シノケンでは
独占契約を含む20行以上の金融機関と提携し、豊富な融資のバリエーションをご紹介可能です。長年の実績により複数の金融機関から高い評価をいただき弊社独占での提携が実現した結果、他の業者から取得が不可能と言われたお客様へご融資の斡旋が成功したケースも数多くございます。無料にてローンシミュレーンなども承っておりますので、是非一度、お気軽にご相談くださいませ。
無茶な営業などはありませんか?
強引な営業や頻繁に電話をしてくる業者もいます。そのような営業手法に辟易してしまう前に事前に確認をしてください。
シノケンでは
弊社ではお問合せをいただいたお客様へのみご連絡を差し上げる、『100%反響』にて営業活動を行っております。急な飛び込みやアポイント無しでの会社連絡など、購入意思のないお客様へのご連絡は一切致しておりません。弊社の経営理念に『お客様の成功がすべて』とあります通り、長期間に亘りお客様の資産形成をサポートする事を前提としておりますので、お客様との信頼関係が何よりも重要であると考えております。また、弊社のリピート率(紹介を含む)はおおよそ40%となっており、既存オーナー様から高い評価をいただいているのも事実でございます。
入居者の方が亡くなった場合の対応はどうなりますか?
入居者の方が亡くなられた場合は理由によって所謂「事故物件」となる場合があります。この場合、該当のお部屋の再募集に際しては該当事故の告知義務が発生いたします。そのため一般的には、家賃の下落や空室期間の長期化といったリスクとなります。こういったリスクへの備えを事前に確認する必要があります。
シノケンでは
日本初となる「孤独死現状回復費用保険」のサービスを開始し、お部屋の原状回復費用、家賃保証など、万が一のリスクにも対応しております。
複数棟の経営を検討する場合は?
これまで、アパート経営を行うには物件価格の最低1~2割の自己資金が必要となるケースが多く、複数棟経営を行う場合、多額の自己資金が必要となります。そのためこれまでは潤沢な資産をお持ちの方でなければ複数棟経営が難しい状態でした。提携金融機関の融資条件など複数棟経営を実現できる条件を確認する必要があります。
シノケンでは
シノケンでは業界初のフルローンでご提案が可能です。つまり頭金ゼロで自己資金を可能な限り抑えてお取り組みが可能です。弊社提携の金融機関を上手くご利用頂く事で小額の自己資金を分散しながら複数棟経営も可能です。
※融資のご利用には審査がございます。
将来的にアパート経営以外の用途で土地を活用したい場合の選択肢はあるのか?
不動産投資としての土地の活用は、社会情勢の変化等で柔軟に対応していく必要があります。
その際のサポートなど将来を見越して確認することをおすすめします。
シノケンでは
シノケンウェルネスという高齢者向け住宅を扱う部署がグループ内にあり、アパートを将来的に高齢者向け住宅の賃貸物件として、ご案内することも可能になっております。その際の設備費用等はシノケンで負担しており、このビジネスモデルでグッドデザイン賞も受賞させて頂きました。
地震など地盤リスクに対する対応はどうなっていますか?
地盤の調査実施の有無やその後の保証など、土地についての事前のリスク調査とその後の保証制度の有無を確認し、土地についてのリスクへの備えを明確にする必要があります。
シノケンでは
土地は必ず地盤調査を実施し、地盤が悪い場合はその地盤にあった適切な改良等をシノケン負担で行っており、土地についても引き渡し後20年間の保証をつけております。また建物についても、弊社では国交省が監修した住宅性能評価である『劣化対策等級』の『等級2』を取得しております。この基準をクリアした住宅は、概ね50~60年(2世代)までの長期耐久性能を誇っており、オーナー様に長期間ご安心してご経営いただける高い品質の物件を提供しております。その様な取り組みの結果、東日本大震災で被害の大きかった仙台エリアの物件(約100棟)を含めても、全壊半壊は『0(ゼロ)』でございました。また、保険にもご加入頂いておりますので、万が一の場合は保険が適用されます。
空室が出た場合の募集方法は?
空室の募集など不動産経営に付随する必須対応事項についてもオーナー様がどこまで負担(対応)するのかを事前に確認しておきましょう。
シノケンでは
全国に弊社提携の不動産仲介会社とのネットワークがあり、1社に絞らず多数の業者へ募集を依頼する事により、迅速に対応いたします。
入退居時の費用はどうなっていますか?
お部屋の状況にもよりますが、通常の入居者入れ替え費用は平均5~10万円ほどかかります。会社によっては指定の業者を使わなければならない、など通常よりも高額な費用がオーナー様の負担になる場合や、突発的な出費が必要になる場合もあります。収支が安定したアパート経営のためにも、事前に必要経費の確認が必要です。
シノケンでは
定額のリフォームサービスを提供させていただいておりますので、突発的な出費を抑えていただく事が可能となります。また通常1台あたり10万程度かかるエアコン・ガス給湯器につきましても、弊社でご提供させていただく為、メンテナンスフリーとなりオーナー様の負担はございません。(※エアコンフリーメンテナンスの契約期間は22年間となります)
アパートにはどんな設備があればいいですか?
人気の設備や入居者満足度が高い設備は空室リスク対策につながります。不必要な設備を設置し、余計な費用をかけないためにも設備の確認をお勧めします。
シノケンでは
入退去者から必ずアンケート調査を実施し、調査の結果ニーズの高い設備を優先して標準化しています。
自宅と物件が離れている場合の管理はどうしたらいいですか?
アパート経営には管理業務が必要です。物件の状態の把握など自宅と物件が離れている場合の対応を確認しておく必要があります。
シノケンでは
管理業務はすべて弊社グループ会社にて代行しているため、物件の所在地に関わらず同じクオリティのサービスをご提供させていただきます。またオーナー様の専用Webページを開設しており、月に1回、物件の状況を画像にてアップさせていただいております。

シノケンは、
リスクを隠しません。
ぜひ一度、私たちにも
ご確認ください。

アパート経営
スタートまでの
課題

アパート経営をスタートさせるまでにはいくつかクリアしなければならないハードルがあります。

  • 土地の取得

    土地の取得

    アパート経営に最適な土地の選定・入手

  • 資金の調達

    資金の調達

    金融機関の調査や融資条件の確認など

  • 会社員・公務員である

    会社員・公務員である

    アパート経営のための時間の
    確保・専門知識の習得

アパート経営検討の際に
考慮しなければならない
リスク

アパート経営は比較的ローリスクとは言え、リスクが存在する以上、その対策も必要です。

  • 空室リスク

    空室リスク

    入居率が低いなど

  • 入居者の質

    入居者の質

    住民トラブルや家賃滞納

  • 土地・建物の品質

    土地・建物の品質

    自然災害 建物の老朽化

  • 設備管理

    設備管理

    入退居の設備点検・交換など

シノケンは
アパート経営の
ハードルを無くし、
リスクを回避し、解決する仕組み


掛けて作ってきました。

▲ページの先頭へ